ポケモン 剣盾 シーズン10 シングルバトル 最終45位 レート2104 柔軟対面構築

前書き

ども、ろくろです。

シーズン10お疲れ様でした。

記事書かないとシーズン終われないので結果は芳しくないけど緩く書きます。

 

f:id:rokuro0303:20201001112715p:plain

 

構築経緯

ダイマックス の使用上、対面構築が一番理にかなっているため今期も対面構築を使いたかったが、ミミッキュが使用できないために基本選出を、ダイマ+クッション+詰めとすることから考えた。

まず、スカーフ枠でありダイマを切ることで多くの範囲に打ち合えるポリゴンzを採用した。

特性をダウンロードにすることで相手からは見えない勝ち筋となりえた。

次に、クッション枠にまもるヘドロモロバレルを採用した。

次に、襷枠に電気(電撃嘴)の一貫を切れこらえるを採用することでクッション枠としても、強いホルードを採用した。

次に、チョッキ枠には、サイキネアクジェによってゲンガーにもまぁ強いアシレーヌを採用した。

次に、出会い頭という強い先制わざを持つアイアントを鉢巻で採用した。等倍以上のポケモンは基本的に鉢巻出会い頭で落ちるため、相手のダイマを枯らした後に、出すことが多かった。

最後に、流行っていたサイドン入りの受け廻しを崩すために、珠ナックル(けたぐり)パッチラゴンを採用した。

パッチラゴン以外ダイマを何に切っても強いため柔軟に立ち回ることができる。

 

個体解説

ポリゴンz 臆病 ダウンロード こだわりスカーフ cs252 b4

 

f:id:rokuro0303:20201001111319g:plain

 

さわぐ あくのはどう

ふぶき トリック

 

調整意図

cs振り切り

あまりb

 

ノーマル技がさわぐな理由は、眠り耐性をつけるため。

ふぶきな理由は、c上昇時にd4振りダイマパッチラゴンをダイアイスで確定1発な上、c上昇時のふぶきでh252d4振りモロバレルが確定1発なため。

ほぼ何にでも出す。

 

モロバレル ずぶとい さいせいりょく くろいヘドロ hb252 d4

 

f:id:rokuro0303:20201001111307g:plain

 

きのこのほうし ギガドレイン

クリアスモッグ まもる

 

調整意図

hb振り切り

あまりd

 

まもるは、くろいヘドロとのシナジーダイマ枯らしのため。

メタられすぎていたため、あまり出さないようにしていた。

 

ホルード ようき ちからもち きあいのたすき  as252 d4

 

f:id:rokuro0303:20201001111313g:plain

 

じたばた でんこうせっか

こらえる じしん

 

調整意図

as振り切り

あまりダウンロード対策でd

 

じたばたの火力を上げるために耐久の個体値を下げるという個体も存在するが、ダイマすることもあるので個体値は下げていない。

このポケモンダイマターンをからす動きが強く、

パッチラゴンにダイジェットを切らせて、こいつで枯らして下記の鉢巻アイアントであいがしらで切り返していく展開も多かった。

 

アシレーヌ ひかえめ げきりゅう とつげきチョッキ h156b4c244d4s100

 

f:id:rokuro0303:20201001111340g:plain

 

ねっとう アクアジェット

サイコキネシス ムーンフォース

 

調整意図

h 16n-1

bd 端数

s 準速ドサイドン抜き

cあまり

 

ナットレイ入り以外には出す。

サイキネ+アクジェでゲンガーをしばる。

削れたバレルにダイサイコを打つ。

 

アイアント ようき はりきり こだわりはちまき as252 b4

 

 

f:id:rokuro0303:20201001111345g:plain

 

であいがしら ばかぢから

いわなだれ  アイアンヘッド

 

調整意図

as振り切り

あまりb

 

鉢巻であいがしらは相手のダイマが枯れたダイマポケモンを一発で葬るため。

(鉢巻出会い頭でb4パッチラゴン確定)

相手には見えない勝ちすじとなった。

 

パッチラゴン ようき はりきり いのちのたま as252 b4

 

f:id:rokuro0303:20201001111355g:plain

 

でんげきくちばし げきりん

つばめがえし   けたぐり

 

調整意図

as振り切り

あまりd

 

 

サイドン入りの受け回しを崩すために、珠ナックル。

 

後書き

催眠ゲンガー多すぎるゴミ環境。

上位でレート上げるには、最低でも勝率66%は必要だから使うことはできないけど、相手が使うと期待値的にあたる度にレートが落ちるゴミ。

 

youtube

www.youtube.com 

Twitter

@lgl_m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポケモン剣盾シーズン9 シングルバトル最終2位 両刀対面構築 

前書き

お久しぶりです、ろくろです。

ガラルからの人ははじめまして。

3ヶ月前にポケモン復帰して、ずっと練ってた対面構築が結果もついてきたので記事にします。

 

f:id:rokuro0303:20200901111412p:plain

構築経緯

ダイマックスのhpの仕様上対面以外の構築は理にかなっていないと考えて対面構築にすることから考えた。

対面構築を使うにあたって、基本選出は、襷+ダイマミミッキュになるので、最もパワーがあると考えているエースバーンの型・ミミッキュの型・襷枠について考えた。

エースバーンはアッキのみカバルドンと増加傾向にあったギャラドスを考えると両刀以外のエースバーンは選出できないので、両刀で採用した。

襷枠には相手がダイマックスしなければ多くのポケモンに打ち勝てるギルガルドを採用した。

ミミッキュは、ミミッキュの型の中で一番強いと感じているアッキのみ持ちを採用した。

相手にウーラオスがいる際に、襷ギルガルドは打ち負けるので、その際に選出でき対面性能の高い電磁波まもる残飯トゲキッスを採用した。

次に、トゲキッスがいない構築にテンポを取れるグラスシードゴリランダーを採用した。

最後に、パッチラゴン、ヒートロトムが重いのでカバルドンを採用した。

 

f:id:rokuro0303:20200901210257p:plain

 

個体紹介

エースバーン リベロ いのちのたま おっとり キョダイ個体

155-145(68)-85(-)-127(244+)-95-164(196) 

f:id:rokuro0303:20200901105321g:plain

とびはねる  とびひざげり

エレキボール シャドーボール

 

調整意図

ac:ダイジェット+ダイホロウでアッキのみカバルドンを9x%で勝てる。

s  :最速ウーラオス+1

 

今期は、スカーフウーラオスギャラドス+チョッキジバコイルの並びが流行っていたため、ダイジェットさえできれば全抜きできた。

ダイホロウのbダウンは、裏のミミッキュ、ゴリランダーをサポートできるのがとても強かった。

性格はダウンロード調整のためにおっとりで採用した。

 

ギルガルド バトルスイッチ きあいのたすき おっとり

135-96(204)-144(-)-112(252+)-160-87(52)

f:id:rokuro0303:20200901105629g:plain

シャドーボール  かげうち

てっていこうせん インファイト

 

調整意図

a:大体のhdポリゴン2インファイトで確定2発

c:極振り

s:あまり

 

採用当初、インファイトの枠は、受けを崩せる金属音だったが、ポリゴン2がガラルにやってきたため、インファイトで採用した。

hbポリ2は、インファイトでも確定2発は取れないが、hbポリ2を採用している構築が少ないため問題なかった。

性格はダウンロード調整のためにおっとりで採用した。

 

ミミッキュ ばけのかわ アッキのみ いじっぱり

130-145(172+)-128(220)-×-125-131(116)

f:id:rokuro0303:20200901105255g:plain

つるぎのまい  じゃれつく

ドレインパンチ かげうち

 

調整意図

a:アッキのみミミッキュに対してかげうちの乱数が最も良くなるライン

aの実数値が、145の場合h4b236の+1ミミッキュに対してかげうちが80.4%で乱数3発だが、144にすると11.8%で乱数3発になる。

b:あまり

s:準速ホルード抜き

 

h4振りとかしないのは、絶対的に見たら損だが、相手のミミッキュ、ゴリランダーとの撃ち合いだけを考えた場合確実にこうなる。

構築単位で重いじたばたホルードと相手のあっきのみミミッキュを考え、すばやさはこのラインにした。

 

トゲキッス てんのめぐみ たべのこし ずぶとい

192(252)-×-134(52+)-140-135-126(204)

f:id:rokuro0303:20200901105329g:plain

でんじは エアスラッシュ

まもる  マジカルフレイム

 

調整意図

h:16n最大値

b:ダウンロード調整ができる最大値

   エースバーンのいじっぱりいのちのたまアイアンヘッドを96.7%耐え

s:+1麻痺100族(リザードン)抜き

 

この構築でおそらく1番強いポケモン

構築の見た目上、トゲキッスダイマに見えるために、相手はこのトゲキッスに対してダイマックスをぶつけなきゃいけなくなり、でんじは→まもる→xでダイマックスターンを枯らすことができる。

このポケモンを選出できた際は、体感90%くらいで勝てた。

 

ゴリランダー グラスメイカー グラスシード いじっぱり キョダイ個体

176(4)-187(196+)-126(124)-×-91(4)-128(180)

f:id:rokuro0303:20200901105327g:plain

グラススライダー 10まんばりき

クロバット   つるぎのまい

 

調整意図

h:16n

a:11n +2フィールド補正キョダイコランダでhbポリゴン2を87.5%で倒せる

b:偶数

d:端数

s:準速75族抜き(パッチラゴン) +1で最速エースバーン抜き

 

トゲキッスがいない構築に対して、カバルドンステルスロック+あくびと共に出していた。

ミミッキュを選出できない際の裏の詰めにもなれる。

 

カバルドン すなおこし オボンのみ わんぱく

215(252)-132(0)-154(12+)-×-123(244)-67

f:id:rokuro0303:20200901105325g:plain

じしん ステルスロック

あくび ふきとばし

 

調整意図

hb:陽気いのちのたまミミッキュの+2ダイフェアリー確定耐え

d  :あまり

 

ヒートロトムトゲキッスと対面することが多いのでdふりで採用した。

ダウンロード調整する個体では、物理ポケモンに安定しないのでbの個体値は下げていない。

 

後書き

9時更新では1位だったのに最後に抜かれてしまったにょ。

f:id:rokuro0303:20200901141527j:image

ごみぃ!?

あとこれからyoutubeとかやると思うんで良かったら登録してください。

www.youtube.com

質問とかあれば、Twitter @lgl_mに。

 

 

 

 

 

 

 

usm11 対面リザグロス 最高最終2147 10位

お久しぶりです。smからの人は初めまして。ろくろです。

sm1で22乗れずポケモン引退してたんですけど、久しぶりにやったら楽しかったので最後までやってみたら、最終10位取れたので嬉しいです。

 

構築経緯

前期強かったらしいゲコミミマンダを使ってみたところマンダがあまりうまく使えなかったので、代わりにリザxを入れた。残りは地面の一貫を切る為にランドロスを入れ、鋼タイプのメタグロス、最後にスカーフ枠でテテフを入れた。

 

f:id:rokuro0303:20180904135701p:plain

 

 

 

個体紹介

 

ゲッコウガ@襷 激流 控えめ cs252h4 

f:id:rokuro0303:20180904130346g:plain

熱湯 手裏剣 挑発 れいび

 

撒菱の使いどころがよくわからなかったので、激流をみて突っ込んでくるマンダをわからせるためにれいびを入れた。

 

 

ミミッキュ@ミミz 皮 意地っ張り h164a156b188

f:id:rokuro0303:20180904131227g:plain

じゃれ かげうち シャドクロ 剣舞

メガ馬車のフレドラを最高乱数を切って耐え。

オニゴーリに強くしたいのなら、シャドクロを呪いにするのもありだが、グロスに打つ技がかげうちだけはあまりにも渋いのでなし。

 

 

リザx@石  もうか 陽気 b4as252

f:id:rokuro0303:20180904132119g:plain

ニトチャ 剣舞 フレドラ 逆鱗

臆病スカーフテテフが一定数いるのと、ミラーを考慮して陽気。

今期は受けルがいっぱいいたので、刺さりに刺さった。

 

 

ランドロス@マゴ 威嚇 慎重 h244b36d228

f:id:rokuro0303:20180904133220g:plain

地震 岩石 とんぼ ステロ

グロスを出した時のガルドの引き先。

ゲッコウガが見えたら出さない。

 

 

メガメタグロス@石 クリアボディ 陽気 h92a156b4d4s252

f:id:rokuro0303:20180904134115g:plain

アイアンヘッド 地震 れんち 思念

 

グロスミラーに強くするために、最速。

ヒトムがとても多かったので、バレパンとか入る枠に思念。

 

 

テテフ@スカーフ フィールド 控えめ b4cs252

f:id:rokuro0303:20180904135004g:plain

サイキネ ショック シャドボ ムンフォ

 

色々なポケモンに強く出し得なポケモン

技構成はこれ以外ありえない。

 

 

 

質問あれば、ツイッター(@lgl_m)まで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャドウバース

新年あけましておめでとうございます 久しぶりにシャドウバースの記事です

全壊の記事を書いてから力場ウイッチで少し遊んだあと全くやっていなかったのですが、

新弾が出るとのことで復帰しました

事前情報から早いデッキがはやると予想したのでコントロールヴァンパイアを組みました

3弾出る前の勝利数です 力場本当に弱かったです

f:id:rokuro0303:20170111001802j:imagef:id:rokuro0303:20170111001826p:image

結論から言いますと、マスターにはなりました

f:id:rokuro0303:20170111002239p:image

本当は800勝以内で行きたかったのですがオーバーしてしまいました

使用デッキはコントロールヴァンパイアとおtkエルフの2種類です エルフに関しては特筆すべき点がないので省略します

 ヴァンパイアです

f:id:rokuro0303:20170111002822p:imagef:id:rokuro0303:20170111002824p:image

アグロに耐えられるよう最低限の除去・回復カードを入れ相手の札が尽きるまで粘ります

超越にはほぼ勝てませんが他のデッキには互角以上に戦えるでしょう

人参とバハムートの登場でコントロールはなかなか強化されたと思います 人参でアドを稼ぎながら祈祷などのアミュレットをまとめてバハムートで処理してggです あと、8コスや7コスのカードが多いのでその時余ったppで人参出しとくと仕事してくれます

舞踏ではなくエクスキューションなのはこのデッキにおいて相手の顔に2点入れるよりはバハムート出せるまでの三旗や祈祷への回答としても使えるエクスキューションの方があってると感じたからです あと強みとして、バハムート出して除去されなかった場合返しで黙示を打つことによりバハムート以外のほとんどのフォロワーを飛ばしつつバハムートの攻撃を通せる点です

ぼくが考えるヘラクレセ

 

こんにちは。ロクロです。

 

orasも終わってもう僕が使い続けてきたヘラクレセの構築を使うこともないと思うので、1つの区切りとしてヘラクレセについて書きます。

 

 

f:id:rokuro0303:20161112123851g:imagef:id:rokuro0303:20161112123843g:image

 

まず、ぼくはいままでヘラクレセドランという題名でブログを何度か書いてきましたが、それはヘラクレセドランという1つの区分があったのでそう書いてきただけであって、実際はヘラクレセ@1です。

 

ヘラクレセというのは、ヘラクロスの技範囲・攻撃力の関係上とてもみれる範囲が広くヘラクロスで後攻から1匹たおし、その後クレセリアでトリルを張り残りの2匹を三日月の舞で回復したヘラクロスでたおすというのが主な流れです。

 

そのため基本@1の中身は攻撃的なものではなく、ヘラクレセのサポートという形をとれるポケモンが適任です。そこでサポート、ストッパーができる化身ボルトロス(以下ボルトロス)・が@1の枠としてはとても適しておりその中でもサポートとしての役割・ストッパーとしての役割を重視したお盆ボルトロスが結論とぼくは思っています。

 

6世代で環境を支配していたと言っても過言ではなかった、ガルーラとゲンガーどちらもボルトロスの電磁波を入れた後であればヘラクロスで無償あるいは少しhpが削られるだけで倒すことができ

 

自分  :  メガ(ヘラクロス)+一般ぽけ

 

相手  :  一般ぽけ+一般ぽけ 

 

という状況ができます。

 

ポケモンには有利不利があるため一概にこれが状況的に有利ということはできませんが、

メガシンカポケモンというのは一般のポケモンよりも強いとした場合には、自分側が有利な展開することができます。

 

またボルトロスがガルーラまたはゲンガーと対面しなかった場合におけるポケモンというのは様々ですが、ヘラクロスには後出しから勝てるポケモンが少ないということを相手が考えた場合に、相手が出せるポケモンは、ヘラクロスを受けきれない場合にはヘラクロスに強いポケモンを初手に出すというのがセオリーです。この考え方は相手依存ではありますが、これくらいしないと相手のゲームを展開していくレベルが高ければ高いほど勝てません。そしてタイマンでヘラクロスに強く多く環境に存在していたポケモンといえば、ガブリアスバシャーモファイアローサザンドラニンフィア・(ヒードラン)etc. です。サザンドラニンフィア以外のポケモンにはお盆ボルトロスであれば打ち合いでいい勝負ができます。サザンドラニンフィアなどのボルトロス且つヘラクロスに有利なポケモンボルトロスで削り(麻痺やダメージ)ヘラクロスで倒すということが択に勝つことができれば可能です。

また打ち合いに勝った場合には

 

自分  :  ボルトロス+メガ(ヘラ)+1

 

相手  :  2(メガ+一般or一般×2)

 

という状況ができ有利に展開できると考えます。

 

このようにボルトロス+ヘラクロス+クレセリアという形をとれば、多く環境にいたポケモンから構成されている構築には、有利な展開または不利ではない展開をできるのがヘラクレセを使うことでの利点と考えています。

 

しかし、環境にはボルトヘラクレセという形では対応できないポケモンも多くいます。そのためぼくの構築では、ヒードラン・ガルーラ・ガブリアスを採用していました。ここの3匹は対応できればほかのポケモンでもよかったかもしれませんが、より種族値が高く特定の場合以外でも腐らない普遍的な強さをもつガルーラ・ガブリアスヒードランが1番良い選択ではなかったのではと思っています。眼鏡ヒードランに関してはほかの選択もあったかもしれませんが、ぼくはそこにぴったりマッチするポケモンを見つけられませんでした。

 

ぼくがヘラクレセに関して考えていたことは、ほぼ書き終えたので本記事はこれくらいで終わりにしときます。

 

相手のこの構築に対してはどう動いていたかなどは、多くの構築がありすぎるので書ききれないので知りた人があれば Twitter @lgl_mに質問していただければ答えます。

 

 

 

 

 

しゃどば

 

今回は、しゃどーばーすでaaに到達したので

レシピを後悔したいと思います。

 

f:id:rokuro0303:20161022131217p:image 

 

疾走ビショップです。

f:id:rokuro0303:20161022132654j:image f:id:rokuro0303:20161022131659p:image

 

 

疾走ビショップにした理由としては、一試合が早いためランクを上げるのが早いと考えたからです。

 

このレシピの中で他の疾走ビショップと異なるところは、教会の守り手を採用しているところです。

採用理由は疾走ミラーに強いのとエルフ、ヴァンパイアに対して少し有利に立ち回れると考えたからです。 これがうまくハマり勝ち数を稼げました。

 

以上です。